title

title
Update
October 10, 2017

News     Schedule     About     Activities     Exhibition     Fair     Greetings     Officers     Schools     Contact Us     I.I.
 
 
 
Tokyo Founding Chapter November Monthly Meeting
2017_11_E
(click to enlarge)
東京支部11月例会
2017_11_J
(クリックすると拡大します)
 
Tokyo Founding Chapter October Monthly Meeting
2017_10_E
(click to enlarge)
東京支部10月例会
2017_10_J
(クリックすると拡大します)
 
fair

Mrs. Rahel Zewdie Sleeuwagen,
Spouse of the Belgian Ambassador to Japan
I.I. Fair 2017 Chairperson

As the Chairperson of Tokyo Founding Chapter Fair 2017, I am very pleased to announce the yearly fundraising event on the 4th of December 2017 at the Royal Park Hotel. 30 embassies taking part in the event will be selling products from their countries to raise money in support of the victims of the floods in Kyushu. I invite you to come and celebrate Ikebana - the art of Japanese flower arrangement, the language of peace, the language of unity in harmony, where nature and humans merge in creating a living art. Being the spouse of the Ambassador of Belgium, I can confirm that this language of flowers has strong roots everywhere, also in Belgium, where last year the whole square of the Brussels’Grand Market was transformed into a gigantic Japanese flower carpet. As I was born in Ethiopia, the birthplace of coffee, I propose to celebrate the coffee flower as the flower of this year’s session." Coffee is a Gift to The World from Ethiopia" Japan and Ethiopia share many cultural similarities. The Japanese tea ceremony and the Ethiopian coffee ceremony share the same social function and just as the sakura, we treasure our yearly meskerem flower, heralding the beginning of a new year. With a message of peace and unity, let us cherish our similarities, rather than focus on our differences. Let us unite through this noble idea of Ikebana and cooperate to supporting those affected by the Floods in Fukuoka Prefecture.

sleewagen

ラヘル ゼウディ スレーワーゲン
駐日ベルギー大使夫人
2017年フェア委員長

東京支部主催のいけばなインターナショナルフェア2017のフェア委 員長として、2017年12月4日にロイヤルパークホテルにてフェアを開 催しますことを大変嬉しく思います。30の大使館がこのフェアに参 加し、バザーの収益金を九州の水害被災地に寄付する予定です。 日本の芸術であるいけばなは、自然と人間が一体となって生きた芸 術を創造し、かつ世界を一つに結ぶ平和のメッセージです。ベルギー 大使夫人として、この花の持つメッセージは、いたるところで根付いていると確信します。ベルギーでも、昨年、ブリュッセルのグランプ ラス広場が日本の花で埋め尽くされたフラワーカーペットが話題になりました。 私は、コーヒーの発祥の地である、エチオピアで生まれました。この イベントの象徴として、コーヒーの花を選びました。「コーヒーは、エ チオピアから世界への贈り物です」。 日本とエチオピアは、文化において多くの共通点があります。日本の 茶道とエチオピアのコーヒーセレモニーは、同じような儀式です。日 本の桜のように、エチオピアでは、新年を告げる花を大切に思って います。平和と調和のメッセージで、お互いの共通点を分かち合い ましょう。この崇高ないけばなの精神で、福岡の水害被災地の方々を援助しましょう。

 
 

Junko Katano, Fair Coordinator

Ikebana International Fair 2017 will be held on Monday, December 4, 2017 at Royal Park Hotel (Nihonbashi). It is a very special and unique opportunity to see the iemoto of 37 different ikebana schools all exhibiting in one place. Some 30 embassies, such as US, China, Russia, Korea and Palestine, will participate in this charity bazaar. I think of it as peace talk through flowers. Beyond countries, this fair represents Friendship through Flowers.
This year we will prepare a special corner to introduce traditional cultures and ritual ceremony in “Tea (coffee/water) Ceremony in the World.” On the second floor, the spouses of the ambassadors of Qatar, Yemen and Ethiopia will show the ceremony of tea and, as well, the Japanese tea ceremony and European style tea will be presented. You will also see different kimono and be shown how to wear these.
The fair committee has started preparations. From arranging the hotel spaces for the bazaar and exhibition, the sale of admission and raffle tickets, collecting raffle items, to contacting each embassy, contacting each iemoto for the ikebana exhibition, making crafts, preparing homemade cakes, and contacting the media for promotion. It is a lot of work but for a good cause - to benefit the victims of the flood in Fukuoka and fund raising for Tokyo Founding Chapter’s initiatives. This fair is one of our biggest annual events and I really hope that you will join us and enjoy ikebana and the international atmosphere of the bazaar. And most importantly, to share friendship on this occasion.

katano

フェアコーディネーター 片野順子

いけばなインターナショナルフェア2017は、12月4日月曜日、日本橋のロイヤルパークホテルで開催されます。37の御家元によるいけばなの展示、30の大使館によるチャリティバザーを企画しています。アメリカ、ロシア、中国、韓国、パレスチナの大使館も参加し、まさに花での平和外交です。国を超えて、このフェアは、「花を通じての友好」を実践いたします。今年は、特別に、伝統文化と儀式を味わっていただくために、世界のティー(コーヒー/水)セレモニーを2階のフロアーで企画しました。ここでは、日本のお抹茶以外に、大使夫人による、アラビアコーヒー、エチオピアコーヒー、水の特別の儀式を御覧いただけます。また、ヨーロッパスタイルのテーブルセッティングのプレゼンテーションもあります。12単衣、花嫁衣装など、日本の伝統的な着物の着付けもご覧いただけます。
フェア委員会は、12月のバザーに向けて、既に走り始めています。ホテルのレイアウト、チケットやラッフルチケットの販売、ラッフル賞品の確保、大使館との交渉、御家元との打ち合わせ、クラフト作製、手作りのお菓子の準備、PRのためのメディアへの連絡など、忙しい毎日を送っています。しかし、すべての仕事は、年に一度の大きなイベントである花展とチャリティーバザーを成功させるためです。収益金の一部が水害で被災した福岡県に寄付されます。各流派の御家元によるいけばなと国際的な雰囲気のバザーをお楽しみください。そして、参加者全員と友好を深めてください。皆様の参加をお待ちしています。

 
 
Purchase of Fair Tickets
2017_fair_ticket_E
(click to enlarge)
フェア チケット購入
2017_fair_ticket_J
(クリックすると拡大します)
 
Tokyo Founding Chapter September Monthly Meeting
2017_09_E
(click to enlarge)
東京支部9月例会
2017_09_J
(クリックすると拡大します)
 
Tokyo Founding Chapter June Gala Luncheon
2017_06_E
(click to enlarge)
東京支部6月昼食会
2017_06_J
(クリックすると拡大します)
 
Tokyo Founding Chapter May Monthly Meeting
2017_05_E
(click to enlarge)
東京支部5月例会
2017_05_J
(クリックすると拡大します)
 
White Elephant Sale 2017
2017_WhiteElephantSale
(click to enlarge)
 
Tokyo Founding Chapter April Monthly Meeting
2017_04_E
(click to enlarge)
東京支部4月例会
2017_04_J
(クリックすると拡大します)
 
Ikebana Exhibition by TFC Members 2017
2017_exhibition
(click to enlarge)
 
Tokyo Founding Chapter February Monthly Meeting
2017_02_E
(click to enlarge)
東京支部2月例会
2017_02_J
(クリックすると拡大します)
 
Ikebana International New Year Luncheon 2017
2016_06_E
(click to enlarge)
いけばなインターナショナル新年会2017
2016_06_J
(クリックすると拡大します)
 
Tokyo Founding Chapter November Monthly Meeting
2016_11_E
(click to enlarge)
東京支部11月例会
2016_11_J
(クリックすると拡大します)
 
fair
(click to enlarge)

Greeting

mahendraAround the world, the vast majority of people associate the word “ikebana” with Japan, an art that reflects the admiration and respect for nature.

Peru has more than 28 thousand species of plants, which is equivalent to 10 % of the total amount of species in the world and 30 % of them are endemic, that is to say that they are found only in our country and it would be interesting to have a similar art to ikebana with our flowers.

Nature is very important for Peruvians, and for the same reason the flora is represented in the national emblem with "quina" tree from which "quinina" is extracted. Quinina is the medicine that saved humanity from the terrible disease "Malaria", and it was one of the first contributions from Peru to the entire world. "Cantuta" is the sacred flower of the Incas for its extraordinary beauty. It is the national flower of Peru, and we chose it as a symbol of this event since the Incans are said to have always worked together for the common good.

I invite you to be inspired by the flower "Cantuta". We unite and work together to help the victims who suffer the consequences of the earthquake in Kumamoto.

Cristina Escala
Wife of the Ambassador of Peru
I.I. Fair 2016 Chairperson

= = =

生け花は自然を称賛し尊敬する美術であり、世界の多くの方々が、「いけばな」という単語を聞いた時に日本を連想すると思います。
ペルーには2万8千種類以上の植物が存在しており、その数は世界全体の植物の10%にも匹敵し、その内の30%は固有種です。これらの植物はペルー国内のみで見ることができることから、わが国でもいけばなに似た美術ができたら面白いと思います。
ペルー人にとって自然はとても大切です。そのような理由から、ペルーの国旗には、キニーネが抽出されるキナの木が表現されています。キニーネは人類をマラリアから救った治療薬であり、ペルーから世界全体に向けてされた最初の貢献の一つであると言えます。カントゥータはその素晴らしい美しさからインカの神聖なる花と呼ばれてきました。カントゥータはペルーの国花でもあり、インカ人は公益のために常に協力しあったということから、このイベントの象徴として選ばせて頂きました。
このカントゥータにより皆様が鼓舞されることを願っております。熊本地震の影響で苦しむ被害者の方々への援助に向けて、共に団結し尽力しあっていけることを願っております。

2016年フェア委員長
クリスティーナ・エスカラ駐日ペルー大使夫人

 
 
Purchase of Fair Tickets
2016_fair_ticket_E
(click to enlarge)
フェア チケット購入
2016_fair_ticket_J
(クリックすると拡大します)
 
Tokyo Founding Chapter October Monthly Meeting
2016_06_E
(click to enlarge)
東京支部10月例会
2016_06_J
(クリックすると拡大します)
 
Tokyo Founding Chapter September Monthly Meeting
2016_09_E
(click to enlarge)
東京支部9月例会
2016_09_J
(クリックすると拡大します)
 
Tokyo Founding Chapter June Gala Luncheon
2016_06_E
(click to enlarge)
東京支部6月昼食会
2016_06_J
(クリックすると拡大します)
 
Tokyo Founding Chapter May Monthly Meeting
2016_05_E
(click to enlarge)
東京支部5月例会
2016_05_J
(クリックすると拡大します)
 
Invitation to the Members' Exhibition
TFC60_E
TFC創立60周年記念いけばな展
TFC60_J
無料いけばな講習会
TFC60_FL1
(クリックすると拡大します)
講習会参加申込書
TFC60_FL2
(click to enlarge)
 
Ikebana International New Year Luncheon 2016
2016NYL_E
(click to enlarge)
いけばなインターナショナル新年会
2016

2015_11_J
(クリックすると拡大します)
 
fair
(click to enlarge)
fair
(click to enlarge)

Greeting

mahendraIkebana is the Japanese art of flower arrangement, which has been practiced for over six centuries and international recognized. One of the interesting facts about Ikebana is that it is not merely putting together different flowers and plants and creating a single arrangement in a vase or flower pot. Ikebana goes far beyond that. There are philosophies behind Ikebana, which people should realize and learn to fully understand the meaning behind each arrangement and experience the connection between nature and themselves. When the connection is achieved, the heart and mind were believed to be purified. This is the essence of Ikebana.

Although there is no such an art as Ikebana in Indonesia, the relatively similar mindset is present in our country. We believe there are philosophies behind the flower. Let me show you the flowers of Melati Putih (Jasminum Sambac) as an example. Melati Putih is an emblem of Indonesia. Their white petals symbolize purity and beautiful mind, which is why it historically associated with fallen heroes that sacrificed their life for the country. And their distinctive fragrance is fused with our culture in the form of tradition and spirituality. There were always Melati Putih in weddings, funeral, joyful and cheerless occasions, showing the importance of this flower in our life.

I am happy to part of the 2015 Ikebana International Fair. Not only because the Japanese and Indonesian people have similarity in understanding flowers, but also because this event give me and other flower lovers an opportunity to enjoy the beauty of nature that we sometimes forget to appreciate in our busy lives.

Mme. Dewi L. Ihza Mahendra
Wife of Ambassador of the Republic of Indonesia
Fair 2015 Chairperson

= = =

いけばなの本質は、単なる花を花器に生けるという行為ではなく、花と自然との調和にあると思います。いけばなとは、花と自然との調和により、心と精神が、さらに洗練されたものなのです。白く清廉、高貴な香りのジャスミンは、インドネシアの国花であり、私共の生きている中の歴史と精神と深い関わりを持っております。私は、2015年のいけばなインターナショナルのフェアに参加することにより日本とインドネシアの人々が、互いに理解を深められることを、うれしく思います。多忙な毎日の中で、忘れがちな自然の美しさや、花を愛でる心に気付かされれば幸いと存じます。

2015フェア委員長
デウイ ルシアナ イーザ マヘンドラ
駐日インドネシア大使夫人

 
 

Ikebana International Fair 2015
Announcement and a Request for Cooperation

October, 2015

Dear I. I. Members,

The I. I. Fair, which is the Tokyo Founding Chapter’s biggest annual event, is set to take place on December 7th at the Tokyo Prince Hotel. We will be graced with the attendance of our Honorary President HIH Princess Takamado and are honored to have Dr. Dewi L. Ihza Mahendra, wife of Ambassador of the Republic of Indonesia, chairing the planning committee.

As part of the entertainment, we have arranged to show off the Indonesian colors of our chairwoman. There will also be exhibitions by Iemoto, international booths run by the Ambassador’s wives, and a Bazaar with goods made by charitable organizations and our I. I. members. We are planning a Fair that goes back to the roots of Ikebana International. We will send out tickets in October, and they will also be available for purchase at Monthly Meetings.

In August, 2016, Ikebana International turns sixty. This year’s Fair will be a pre-event to mark that important anniversary. In order to realize our President’s goal of full participation, we hope that many of you will become committee members to help us start this anniversary year in style. We hope that all members will come together to look back on past Fairs in order to find the new direction I. I. Fairs can take in the future.

Looking back to the Future   過去へのまなざし、未来への光

We humbly request your cooperation and support to help make this I. I. Fair the best yet.

Tamaki Morii, Fair Coordinator
Tokyo Founding Chapter, Ikebana International

いけばなインターナショナルフェア 2015
ご案内とご協力のお願い

2015年10月吉日

morii

会員の皆様へ、

東京支部の最大のイベントI.I.フェアは、名誉総裁・高円宮妃久子殿下のご臨席を賜りデウイ ルシアナ イーザ マヘンドラ駐日インドネシア共和国大使夫人をフェア委員長にお迎えして、来る12月7日(月)に東京プリンスホテルで開催いたします。

エンターテイメントは、フェア委員長のお国 インドネシアの香りあるものをお願いしお家元によるいけばな展、大使夫人が自ら売り子となって頂くインターナショナルブース慈善団体や会員の手づくりの品々が並ぶバザーはもとより、本来のいけばなインターナショナルらしさが感じられるフェアにと考えております。
今月10月には皆様のお手元にチケットをお届けすると共に、例会での販売も致します。

東京支部は2016年8月に創立60年、還暦を迎えます。それゆえに、今年のフェアは「前夜祭」です。支部長の会員全員参加する目標に近づけるべく、多くの方にコミティーメンバーになって頂きたいと思っております。
今までのフェアの歴史を振り返りながら、これからの新しいフェアを考える指針となるように、会員の皆様と力を合わせて参りたいと思います。

Looking back to the Future
過去へのまなざし、未来への光

素敵なフェアになりますよう、皆様のご協力とご支援をよろしくお願い致します。

いけばなインターナショナル東京支部
フェアコーディネーター 森井 環

 
 
Purchase of Fair Tickets
2015_fair_letter_E
(click to enlarge)
フェア チケット購入
2015_fair_letter_J
(クリックすると拡大します)
Ikebana International Tokyo Founding Chapter
Copyright 2010 TFC All Rights Reserved