Back to Main Page  
Activity: January 15, 2017
New Year’s Luncheon 2017
 
Event

Ikebana International 2017New Year Luncheon was held on Wednesday, January 18 2017, at Palace Hotel Tokyo. The main program was Ikebana Demonstrations using pine, bamboo, and Japanese apricot for New Year by three schools with Koto Music.
First, Ikenobo Iemoto Designate, Senko Ikenobo exhibited a traditional style, the theme was“Pine white snow”. Next theme was “Spring Sea”, the dynamic Ikebana using bamboos was fabricated by Iemoto of Ichiyo School, Mr.Akihiro Kasuya. Finally, Iemoto of Ohara School, Mr. Hiroki Ohara arranged the light red Japanese apricot under the theme of“Light red season”. The guests and members enjoyed three schools’Ikebana demonstrations and the performance of Koto by Ms.Fuyuki Enokido.
In the donation ceremony by TFC, Mme. Chistina Escala, wife of Ambassador of Peru, Ikebana International Fair 2017 Chairperson gave the proceeds from international booths to the reconstruction of Kumamoto earthquake through the Japanese Red Cross Society. Ms. Noriko Kira, president of TFC presented the donations to Japan National Student Association Fund and The Japan Times.

2017年新年会は、パレスホテル東京で1月15日に開催されました。新年会のプログラムは、琴の音色と伴に、三流派による「松・竹・梅」をテーマとしたデモンストレーションでした。
最初に「松の白雪」と題して、池坊次期家元 池坊専好先生による伝統的な型が繰り広げられました。次に、一葉式いけ花家元 粕谷明弘先生による竹を花材にした「春の海」が作成されました。最後に、薄紅色の梅から構成された、「薄紅の季節」をテーマとした、作品が小原流家元 小原宏貴先生によって披露されました。榎戸二幸様による琴の演奏の中、会場の皆様は、三流派の大作を堪能しました。
東京支部よる寄付金贈呈式が行われ、2016年フェア委員長、駐日ペルー共和国大使夫人クリスティーナ エスカラ様からのインターナショナルブースの売上金が、日本赤十字社を通して、熊本地震の災害復興のために贈呈され、東京支部は、日本学生協会基金とジャパンタイムズに寄付しました。

Event Event
Event Event
Event Event Event
Event Event