投稿者: TFC-admin

IKEBANA INTERNATIONAL FAIR 2021

いけばなインターナショナルフェア2021

いけばなインターナショナルフェア2021が、12月14日火曜日、ロイヤルパークホテル(水天宮)にて開催されました。いけばなインターナショナル名誉総裁、高円宮妃久子殿下御臨席のもと、林裕子外務大臣夫人、各国大使、大使夫人、いけばな各流派御家元、TFCメンバー、一般の方々等、1500人以上のご来場がありました。

フェア委員長、アンゴラ共和国大使夫人 マリア・デ・ファティマ・シャビエール様、フェア委員110名が、新型コロナウイルス感染対策を徹底させて準備いたしました。

いけばなインターナショナルフェア2021は、文化庁令和2年度 第三次補正予算事業「ARTS for the future!」の補助事業として認められ、日本の伝統文化である  いけばなが世界に発信されるまたとない機会であると同時に、各国大使館のブースを通して、その国の文化を知ることができる国際交流の場となりました。

オープニングセレモニーでは、御臨席いただいた高円宮妃久子殿下から、「コロナ禍の時期であればこそ、私たちがいけばなを通してつながっているという気持ちは大事です。」とのお言葉をいただきました。また、東京都知事小池百合子様からお祝いのお手紙をいただきました。

お家元によるいけばなワークショップには、大使夫人他、一般来場者が参加されました。ワークショップ会場では、小学生がいけばなを学ぶ様子を伝えるパネル展示をいたしました。

ご協力いただきました各流派の御家元の皆様、各国大使館の皆様、協賛いただきました企業様に心より御礼申し上げます。

Ikebana International Fair 2021

Honored by the presence of H.I.H. Princess Takamado, Ikebana International Fair 2021 was held at Royal Park Hotel (Suitengu) on Tuesday, December 14th. About 1500 people including Mrs. Yuko Hayashi, the spouse of Minister of Foreign Affairs, Ambassadors and spouses of Ambassadors, Iemotos of Ikebana schools, TFC members and general guests attended.

The Chairperson of I.I. Fair 2021, the spouse of Ambassador of Angola, Mme. Maria de Fatima Xavier, and 110 committee members of the Fair have thoroughly prepared for the Fair by undertaking appropriate measures to prevent against the Covid-19 infection.

Ikebana International Fair 2021 has been authorized by Agency for Cultural Affairs as a subsidy project for the third supplementary budget project, “ARTS for the future!”. The Fair became a place for international exchange where you can learn about the culture of each country through the booths of the embassies.

Princess Takamado said, “It is important that we feel connected through Ikebana during the pandemic.” at the opening ceremony. We received a congratulatory letter from the Governor of Tokyo,
Ms. Yuriko Koike.

The Ikebana workshop was held, and the spouses of ambassadors and general visitors participated and tried Ikebana. The panels showing how elementary school students are learning Ikebana were exhibited.

We would like to express our sincere gratitude to Iemotos, Embassies and companies that supported us.

いけばなインターナショナル 2021フェア プログラム

T. F. C. November Monthly Meeting いけばなインターナショナル東京支部11月例会

November Monthly Meeting was held on Wednesday, November 17th at the Embassy of Russian Federation. Ikebana Demonstration by TFC members were divided into four groups.
1. Ms. Tatyana PROSVERNIKOVA (Embassy of Russia), Mme. Solange P. WEYA (Embassy of Cote d’Ivoire), Ms. Mieko IKEUCHI (Sogetsu School), and Ms. Kaeko KASUGA (Kadouiemoto Ikenobo)
2. Mme. Maria de Fatima Lima XAVIER (Embassy of Angola), Mr. Takahiko NODA (Ikusei-ryu), and Mr. Kazuki IGARASHI (NISSHINRYU)
3. Mme. Momoe FRITZ (Embassy of Micronesia), Ms. Takako MITOBE (Chikoryu), and Ms. Yoshie NOMURA (Ohara School)
4. Ms. Ikkei WATANABE (Senke Koryu Fuyoukai Iemoto)
The diverse Ikebana attracted the audience. We express our sincere thanks to the Embassy of Russian Federation and demonstrators.

11月例会は、11月17日水曜日、ロシア大使館で開催されました。TFC 会員によるいけばなデモンストレーションは、4つのグループにわかれて行われました。
グループ1: タチヤーナ プロスヴェルニコワ様(ロシア連邦公使夫人)、ソランジ ウェア 様(コートジボワール共和国大使夫人)、池内 三重子 様(草月流)、春日 佳永子 様(華道家元池坊)
グループ2:  マリア ドゥ ファティマ シャヴィエール 様(アンゴラ共和国大使夫人)、 野田 貴彦 様(郁生流)、五十嵐 一起 様(日新流)
グループ3: モモエ フリッツ 様(ミクロネシア連邦大使夫人)、水戸部 孝子 様(知香流)、 野村 由恵 様(小原流)
グループ4: 渡部 一溪 様(千家古流芙蓉会 家元)
多様ないけばなが、観客を魅了しました。ロシア大使館ならびにデモンストレーターの皆様に心より感謝申し上げます。

Fair 2021

このコンテンツはアクセスが制限されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


October Monthly Meeting / 10月例会 2021

On Friday October 1st, thanks to the spouse of Ambassador of Angola, Mme. Maria de Fatima Xavier, October Monthly Meeting was held at the Embassy of the republic of Angola. The Ikebana demonstration was given by Mr. Rijo Miyamoto, Iemoto Designate, Koryu Toyokai Suibokukatemae and Mr. Gaso Sawai, Iemoto Designate, Ikuseiryu on the theme of “To the Future – Challenge of the Next Generation”. Mr. Miyamoto explained Ikebana with using a projector and showing the real demonstration. Mr. Sawai demonstrated with the music of Ms. Yuki Yan. It was a great chance to know the possibility for future ikebana demonstration.

10月1日金曜日、アンゴラ大使夫人、マリア・デ・ファティマ・シャビエール様のご厚意により、アンゴラ大使館で開催されました。「未来へ-次世代の挑戦」をテーマとしたいけばなのデモンストレーションが行われました。
古流東洋会水墨花点前 副家元 宮本理城先生は、プロジェクターを使い説明しながら、実際のいけ方を教えてくださいました。郁生流 次期家元 澤井雅総先生は、ヤンゆきさんの音楽演奏とともにいけられました。お二人のデモンストレーションは、今後のいけばなのデモンストレーションの可能性を知る良い機会となりました

September Monthly Meeting / 9月例会 2021

Thanks to the spouse of Italian Ambassador, Mme. Matelda Starace, September Monthly Meeting was held at the official residence of Italian Ambassador with the Ikebana demonstration by Mr. Akihiro Nishi, the Associate Professor of the Council of Ohara Professors on Wednesday, September 15th. The theme of the demonstration was, “Flowers for celebrating the harvest moon” and Mr. Nishi gave a wonderful demonstration against the background of the embassy garden.

9月15日水曜日、イタリア大使公邸において、イタリア大使夫人マテルダ・スタラーチェ様のご厚意により、イタリア大使公邸にて、小原流研究院助教授の西晃宏先生によるデモンストレーションが行われました。テーマは、「月迎えの花~初秋をいける」で、西先生は、大使館の庭を背景に、素晴らしいデモンストレーションを披露してくださいました。

Members log in

このコンテンツはアクセスが制限されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


Scroll to top