カテゴリー: Fair

IKEBANA INTERNATIONAL FAIR 2021

いけばなインターナショナルフェア2021

いけばなインターナショナルフェア2021が、12月14日火曜日、ロイヤルパークホテル(水天宮)にて開催されました。いけばなインターナショナル名誉総裁、高円宮妃久子殿下御臨席のもと、林裕子外務大臣夫人、各国大使、大使夫人、いけばな各流派御家元、TFCメンバー、一般の方々等、1500人以上のご来場がありました。

フェア委員長、アンゴラ共和国大使夫人 マリア・デ・ファティマ・シャビエール様、フェア委員110名が、新型コロナウイルス感染対策を徹底させて準備いたしました。

いけばなインターナショナルフェア2021は、文化庁令和2年度 第三次補正予算事業「ARTS for the future!」の補助事業として認められ、日本の伝統文化である  いけばなが世界に発信されるまたとない機会であると同時に、各国大使館のブースを通して、その国の文化を知ることができる国際交流の場となりました。

オープニングセレモニーでは、御臨席いただいた高円宮妃久子殿下から、「コロナ禍の時期であればこそ、私たちがいけばなを通してつながっているという気持ちは大事です。」とのお言葉をいただきました。また、東京都知事小池百合子様からお祝いのお手紙をいただきました。

お家元によるいけばなワークショップには、大使夫人他、一般来場者が参加されました。ワークショップ会場では、小学生がいけばなを学ぶ様子を伝えるパネル展示をいたしました。

ご協力いただきました各流派の御家元の皆様、各国大使館の皆様、協賛いただきました企業様に心より御礼申し上げます。

Ikebana International Fair 2021

Honored by the presence of H.I.H. Princess Takamado, Ikebana International Fair 2021 was held at Royal Park Hotel (Suitengu) on Tuesday, December 14th. About 1500 people including Mrs. Yuko Hayashi, the spouse of Minister of Foreign Affairs, Ambassadors and spouses of Ambassadors, Iemotos of Ikebana schools, TFC members and general guests attended.

The Chairperson of I.I. Fair 2021, the spouse of Ambassador of Angola, Mme. Maria de Fatima Xavier, and 110 committee members of the Fair have thoroughly prepared for the Fair by undertaking appropriate measures to prevent against the Covid-19 infection.

Ikebana International Fair 2021 has been authorized by Agency for Cultural Affairs as a subsidy project for the third supplementary budget project, “ARTS for the future!”. The Fair became a place for international exchange where you can learn about the culture of each country through the booths of the embassies.

Princess Takamado said, “It is important that we feel connected through Ikebana during the pandemic.” at the opening ceremony. We received a congratulatory letter from the Governor of Tokyo,
Ms. Yuriko Koike.

The Ikebana workshop was held, and the spouses of ambassadors and general visitors participated and tried Ikebana. The panels showing how elementary school students are learning Ikebana were exhibited.

We would like to express our sincere gratitude to Iemotos, Embassies and companies that supported us.

いけばなインターナショナル 2021フェア プログラム

Ikebana International Fair 2021 いけばなインターナショナルフェア 2021

⽂化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

Ikebana International Fair 2021

Ikebana International Fair will be held on Tuesday, December 14th at the Royal Park Hotel(Suitengu). Ikebana by Iemoto of 31 schools will be exhibited and 42 embassies will participate the bazaar. Admission is restricted to prevent the spread of Corona infection.
Date: Tuesday, December 14th 2021
Place: Royal Park Hotel 3F, (2F Reception)
2-1-1,Nihonbasi,Kakigara-cho, Chuoku, Tokyo
Time: 11:30~15:30
※The entrance time of general customers will be from 13:30 to 15:00.
Fair ticket: ¥3,000 (Raffle ticket included)
※ Same-day ticket is available though the number is limited. If you wish to purchase in advance, please contact us.
Contact: TFC Office 03-3295-0720 (Monday=Friday, excluding Thursday 11;00~15:00)
E-mail: info@ikebanatokyo.or.jp

いけばなインターナショナルフェア2021

いけばなインターナショナル東京支部が主催するフェアが、12月14日(火)東京・水天宮のロイヤルパークホテルで開かれます。31流派の家元作品を展示、また42ケ国の大使館の工芸品や食品が展示販売されます。コロナ感染拡大防止策のため入場制限があります。
開催日程/2021年12月14日(火)
開催会場/ロイヤルパークホテル(東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1)
開催時間/11:30〜15:30
※一般客は、13時30分から15時までの受付となります。
入場料/3000円(抽選券付き・当日券あり)
※当日券は枚数が限定されています。事前購入希望の方は、問い合わせ先にご連絡ください
主催/いけばなインターナショナル東京支部
問い合わせ/いけばなインターナショナル東京支部 03-3295-0720
(木曜日を除く月〜金 11:00〜15:00)
E-mail info@ikebanatokyo.or.jp

Precautions for Ikebana International Fair 2021

1. As a measure to prevent infection with Covid-19, admission will be restricted to avoid congestion. Please be sure to check the admission time of your ticket.
2. We will measure the temperature and reception on the 2nd floor. Please be sure to complete the reception process before proceeding to the 3rd floor venue.
3. Please stay within the 90-minute time limit. Be sure to wear a mask.
4. There will be no coffee service at the venue and there will be no eating or drinking as a means to prevent the spread of the virus.
5. Please bring your own shopping bag.

※ Please note that tickets will not be refunded in the event that the fair has to be canceled due to the spread of a new coronavirus infection. Thank you for understanding and for your generous support.

I.I.フェア2021の注意事項

1. 新型コロナ感染防止対策として密を避けるため、入場制限をいたします。
お持ちのチケットの入場時間を必ずご確認ください。
2. 2Fにて検温、受付をいたします。必ず受付を済ませてから3F会場へとお進みください。
3. 滞在時間は、90分以内でお願いいたします。必ずマスクを着用してください。
4. 会場での飲食を避けるために、コーヒーサービスはございません。ブースでのテースティングもございません。
5. 各自、ショッピングバッグをご持参ください。

※ 新型コロナウイルス感染拡大の状況によりフェアを中止する場合でも、チケットの払い戻しは致しかねます。ご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

IKEBANA INTERNATIONAL FAIR 2019

Olympic spirit and peace the olive tree branch has achieved wide recognition. In my country the olive tree is part of our lives since Athena gave it to the Athenians and Hercules made it the symbol of Olympic achievement. For the rich nutritious and healing effects of olives and olive oil the cultivation of olive trees was wide spread throughout the ancient Mediterranean world and today has reached other countries in other continents including Japan. The humble appearance of the olive tree branch, but with a powerful personality, that carries strong universal messages combined with a promise for a reliable life support make the olive tree branch an ideal vector for the message of the Ikebana art. Therefore, I invite all of you to be inspired by these strong and rich symbols to come to the Ikebana International Fair and experience all the wonderful flower arrangements from different Ikebana schools and by shopping at the Embassies’ booths to support the people who are affected by the heavy rainfall in Saga prefecture

Ioanna Charikleia Giannakarou
Spouse of Ambassador of Greece to Japan
I.I. Fair 2019 Chairperson

オリーブの木‒ Κλαδί Ελιάς( Kladi Elias)は古代よりオリンピック精神そして平和をもたらすシンボルとされてきました。

オリーブの木は、オリンピック精神と平和の象徴として広く知られています。女神アテナに授けられ、英雄ヘラクレスがオリンピック勝者への冠を作ったとされるオリーブの木は、私の母国では生活の一部となっています。 その高い栄養価ともたらされる癒し効果により、オリーブ栽培は古代地中海世界に広まり、そして今日、日本含む諸外国へ行き渡っています。

オリーブの木は華やかではありませんが、その力強い個性、生命の支援という頼もしいメッセージを持ち合わせており、それはいけばなの理念とも相通じることでしょう。

皆様にはいけばな各流派お家元の素晴らしい作品をご覧頂き、この力強く豊かなメッセージをご体感頂きたいと思います。また各国大使館のブースの収益金は、令和元年佐賀豪雨災害被災者への義援金になります。

是非、本フェアにお運び頂きますようよろしくお願い致します。

2019年フェア委員長
イオアナ・ハリクリア・ヤナカル
駐日ギリシャ大使夫人

 

日時:2019年12月17日(火)11時30分~15時30分
Date: Tuesday, December 17, 2019, 11:30~15:30

場所:ロイヤルパークホテル 3F
Place: Royal Park Hotel 3F

アクセス:東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目1番1号
地下鉄半蔵門線 水天宮前駅直結

Access: 2-1-1,Nihonbashikakigara,Chuo-ku,Tokyo
Subway: Suitengumae Station (Hanzomon line)

電話:03-3667-1111
Tel: 03-3667-1111

【注意】TFCの会員の方は、webからのお申し込みはご遠慮下さい。

振り込みをもってお申し込み完了となります。
お手数ですが、振り込み受領書を当日お持ち下さい。

2019年12月17日に東京支部主催のいけばなインターナショナルフェアー2019が開催されました。

その大使館ブースバザーでの収益金は、令和元年の佐賀県豪雨災害、そして千葉県の台風の被災者へ寄付されました。

1月27日 寄付贈呈式

会場:パレスホテル東京 葵  11:35-11:50 本部主催新年会にて

佐賀県知事 山口祥義様、千葉県副知事 滝川伸輔様へフェア委員長を務められたギリシャ大使夫人、イオアナ・ハリクリア・ヤナカル様より目録が手渡されました。

IKEBANA INTERNATIONAL FAIR 2018

The annual Ikebana International Fair was held on Wednesday, December 19, 2018 at Royal Park Hotel (Nihonbashi), under the auspices of Fair Chairperson Madam Matelda Starace, the wife of the Ambassador of Italy. A main feature was 35 ikebana arrangements by ikebana iemotos. The Royal Hall was filled with participants and guests from all over Japan visiting and enjoying embassy booths and international table of 27 embassies, and booths of I.I. HQs, domestic chapters and Tokyo Founding Chapter as well as participating shops. On the second floor, the Italian wine tasting was enjoyed by the participants. This year, the entertainment was the jewelry show by D’ELIA Company. At the beginning of the entertainment, Ms. Fujiko Hirai sang a song (piano by Ms. Reiko Sugimoto), and following that, the ambassadresses wearing the national costume appeared as models.
At the Ikebana International New Year Luncheon on January 16, 2019, hosted by Ikebana International Headquarters, the proceeds from the international booths and international table were donated to Hokkaido and Hiroshima which had been affected by the earthquake and heavy rain disasters in 2018. Mme. Matelda Starace, the wife of Italian Ambassador presented the donation amounting to 707,000 JPY each to Mr. Keiji Abe, the vice governor of Hokkaido and Mr. Masahiko Tanabe, the vice governor of Hiroshima who attended the donation ceremony. Also, Ms. Misako Ishii presented the donation to the Japan Times and Japan National Students Association at this occasion.

今年も恒例のいけばなインターナショナルフェアが12月19日(水)ロイヤルパークホテルで開催されました。今年度のフェア委員長は、イタリア大使夫人 マテルダ・スタレーチェ様が務められました。

日本を代表する35のいけばなのお家元の作品が展示されました。ロイヤルホールは、27ヶ国の大使夫人による大使館ブースと各国大使館のご協力によるインターナショナルテーブル、その他のバラエティショップ、東京支部会員による手工芸品やお菓子の販売、いけばなインターナショナル本部と国内支部のブース、そして多種多様の店舗や、イタリアのワインテースティングで賑わいました。

また、エンターテインメントでは、デリア社のジュエリーショーが華やかに開催されました。オペラ歌手の平井富司子さん(ピアノ伴奏杉本玲子さん)の歌に続き、各国大使夫人が民族衣装を着てモデルとして登場し、会場を一層華やかに演出しました。

各国大使館からの収益金は、1月16日、いけばなインターナショナルの新年会の贈呈式にて、広島県副知事 田邊昌彦様と北海道副知事 阿部啓二様に、それぞれ70万7千円が贈られました。また、石井支部長からジャパンタイムズと日本学生協会基金に寄付金が手渡されました。

日時:2018年12月19日(水)11時30分~15時30分
Date: Wednesday, December 19, 2018, 11:30~15:30

場所:ロイヤルパークホテル 3F
Place: Royal Park Hotel 3F

アクセス:東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目1番1号
地下鉄半蔵門線 水天宮前駅直結

Access: 2-1-1,Nihonbashikakigara,Chuo-ku,Tokyo
Subway: Suitengumae Station (Hanzomon line)

電話:03-3667-1111
Tel: 03-3667-1111

IKEBANA INTERNATIONAL FAIR 2017

The annual Ikebana International Fair was held on Monday, December 4, 2017 at Royal Park Hotel (Nihonbashi), under the auspices of Fair Chairperson Madam Rahel Zewdie Sleeuwagen, wife of the ambassador of Belgium. A main feature was 37 ikebana arrangements by ikebana iemotos. The Royal Hall was filled with participants and guests from all over Japan visiting and enjoying international booths of 24 embassies, and booths of domestic chapters and Tokyo Founding Chapter as well as participating shops.
This year, we introduced a special entertainment, World Tea/Coffee Ceremonies featuring Arabian Coffee, Ethiopian Coffee, and Japanese Tea, and there was a European style table setting presentation and a traditional Kimono Dressing show of Japanese bridal costume and Juni-hitoe (twelve-layered ceremonial kimono). The entertainment was a piano concert by Ms. Ayako Morita and Ethiopian dancing by the Moka Ethiopia dance group.
At the Ikebana International New Year Luncheon on January 18, 2018 hosted by Ikebana International Headquarters, the proceeds from the international booths and international table were donated to people affected by the heavy rain disaster in northern Kyushu in July 2017, the donation accepted by Mr. Hiroshi Ogawa, governor of Fukuoka Prefecture, who attended the donation ceremony.

恒例のいけばなインターナショナルフェアが、2017年12月4日(月)、ロイヤルパークホテル(日本橋)で開催されました。今年度のフェア委員長は、ベルギー大使夫人 ラヘル・ゼウディ様が務められました。日本を代表する37のいけばなの家元作品が展示されました。ロイヤルホールは、24ヶ国の大使夫人によるインターナショナルブース、各国大使館のご協力によるインターナショナルテーブル、東京支部会員による手工芸品の販売、いけばなインターナショナル国内支部のブース、そして多種多様の店舗で賑わいました。日本のお抹茶以外に、カタール大使夫人によるアラビアコーヒーセレモニー、エチオピア大使夫人によるエチオピアコーヒーセレモニー、イエメン大使夫人による水の儀式、ヨーロッパスタイルのテーブルセッティングのプレゼンテーション、12単衣、花嫁衣装など、日本の伝統的な着物の着付け等のエンターテインメントも開催いたしました。また、エンターテインメントでは、守田絢子様によるピアノコンサート、モカ・エチオピアダンスグループによる、エチオピアダンスも披露されました。
尚、インターナショナルブースからの収益金は、2018年1月18日、いけばなインターナショナルの新年会において、福岡県知事小川洋(ひろし)様に、平成29年7月九州北部豪雨災害に対する義援金として贈呈されました。

IKEBANA INTERNATIONAL FAIR 2016

The annual I.I.Fair was held at Royal Park Hotel on Monday December 5, under the auspices of Fair Chairperson Cristina Escala, wife of the Ambassador of Peru. Thirty five Ikebana works by Japanese representative school Iemotos were exhibited. The venue, Royal Hall, was occupied by the international booths which twenty three Ambassadors spouses, the I.I. Headquarters, domestic Chapters, and many kinds of enterprises held. We had an entertainment of the Peruvian Folk Dance and Music, followed by the raffle. Towards 2020 Tokyo Olympics and Paralympics, 「KIMONO PROJECT」 is to express 196 countries with Kimono and Obi (Sash worn with a kimono ). This time, at the fair, Kimono and Obi having a design of Peru’s world heritage was exhibited in the lobby. Finally, the proceeds of the international booth went to the people who were affected by Kumamoto earthquake.

今年も恒例のいけばなインターナショナルフェアが12月5日(月)ロイヤルパークホテルで開催されました。今年度のフェア委員長は駐日ペルー共和国大使夫人クリスティーナ、エスカラ様が務められました。日本を代表する35のいけばなの家元作品が展示されました。ロイヤルホールは、23ヶ国の大使夫人によるインターナショナルブース、いけばなインターナショナル本部、国内支部、そして多種多様の店舗で賑わいました。 ペルーのフォークダンスと音楽に続いて、ワッフルの抽選会が行われました。2020年東京オリンピック、パラリンピックに向けて、196ヶ国を着物と帯で表現する「KIMONO PROJECT」が企画されています。その中でペルーの世界遺産を図案として織り込んだ着物と帯がロビーに展示されました。尚、インターナショナルのブースの収益は、熊本地震の被災者の方々に寄付されました。

IKEBANA INTERNATIONAL FAIR 2015

The annual I.I. Fair was held at Tokyo Prince Hotel on Monday, December 7. H.I.H. Princess Takamado, Ikebana International Honorary President, honored us with her presence at the Fair. Madam Dewi L.lhza Mahendra, the wife of the Ambassador of the Republic of Indonesia to Japan, was Fair 2015 Chairperson, and Ms.Tamaki Morii was Coordinator. Iemotos of 35 Ikebana schools participated to display Ikebana Exhibition. The embassies of 25 countries, 3 domestic chapters and 4 charitable organizations also participated. There were 26 various shops and TFC member’s booths. The proceeds from embassies booths will be donated to UNICEF and Oxfam.
In the afternoon, participants enjoyed the raffle and the entertainment with traditional Indonesian dance.

恒例のI.I.フェアは、I.I.名誉総裁高円宮妃久子殿下の御臨席を賜り,12月7日[月]に東京プリンスホテルで開催されました。デビイ ルシアナ イーサ マヘンドラ駐日インドネシア共和国大使夫人をフェア委員長にお迎えして、森井環コーディネータのもと、35流派のお家元による花展、25か国の大使館、3国内支部、4福祉団体などのバザー、バラエテーに富んだ26の出店、会員による手作りのコーナーなどで華やかな会場となりました。大使館の売上はオックスファムジャパンとユにセフに寄付されます。
午後には、ラッフル抽選、インドネシアに古くから伝わる民族舞踊のエンターテイメントで楽しい、また有意義な一日でした。

IKEBANA INTERNATIONAL FAIR 2014

Under a winter sky, Fair 2014 was opened to the warm welcome of large numbers of guests. H.I.H. Princess Takamado honored us with her presence. One of the Fair’s purposes is to aid UNICEF gather donations for the needy worldwide.
Mme. Maali Siam, the wife of Ambassador of Palestine, provided energy for the success of the Fair as the Chairperson.
A number of traditional Palestinian fashions were shown during dances and a fashion show as part of the entertainment. In Magnolia Hall, works by Iemotos of 34 different schools were exhibited, while in ‘Ho-Oh-No-Ma’ a bazaar was held including booths from over 30 different embassies and many domestic vendors. Guests had great fun enjoying shopping and raffles.

冬空の中、会場には大勢の方々が集まり熱気に包まれ盛大にFair2014が開催されました。高円宮妃久子殿下のお成りを賜りました。フェアの収益の一部はユニセフを通して世界の恵まれない方々に寄付される恒例の行事です。
駐日パレスチナ大使夫人マーリ・シアム様が今年のフェア委員長としてフェアを成功に導かれました。
エンターテインメントでは、さまざまなパレスチナの民族衣装を着てのダンスやファッションショーが披露されました。「マグノリアホール」には34流派のお家元の華やかな作品が並び、「鳳凰の間」には30か国を超える大使館のブース、国内支部やベンダーさんが参加するバザーが催されました。ご参加された方々は、お買い物やラッフルを大いに楽しまれました

IKEBANA INTERNATIONAL FAIR 2013

Ikebana International Fair 2013 was held at the Tokyo Prince Hotel on the rainy December 10th. Every participant enjoyed this event including ikebana exhibition by 35 Iemotos of ikebana school, shopping at 20 Embassy booths, performance of Swiss music and exciting raffle lottery.

久しぶりの東京の雨の中、いけばなインターナショナル東京支部FAIR2013が東京プリンスホテルで開催されました。35流派家元の作品、大使館直営のバザーや、今年のフェアコーディネータを引き受けられたスイス大使夫人が紹介するスイス音楽演奏等の企画で会場は賑わいました

IKEBANA INTERNATIONAL FAIR 2012

The annual I.I. Fair was held at Tokyo Prince Hotel on Thursday, December 6, under the auspices of Fair Chairperson Mme.Karine Liebaut, wife of the Ambassador of Kingdomm of Belgium.In the Magnolia hall, the marvelous Ikebana works by Japanese representative school Iemotos were exhibited, and in the Ho-O-no-ma, the bazaar, that had a variety of booths, was held by the ambassador wives, the I.I. domestic Chapters and many kinds of enterprises.

12月6日(木)東京プリンスホテルにて、カリーヌ・リーバウト駐日ベルギー王国大使夫人をフェア委員長に迎えて、恒例のいけばなインターナショナルフェアを開催しました。

ホテルのマグノリアホールには、日本を代表するいけばなの家元作品が展示され、鳳凰の間では、世界各国の大使夫人によるお国柄溢れる品々、国内支部や、いろいろな企業が参加するバザーが催されました。

Scroll to top